印刷とグラフィック

グラフィック印刷について

グラフィック印刷の情報

新着情報

グラフィック印刷の落とし穴 

現在ではデータで原稿を作成し、そのまま入稿という手順がほとんどです。そのデータ入稿の際に、よくしてしまう失敗が写真の解像度調整です。パソコンの画面できれいに見えている写真でも、印刷するとものすごく荒い画像になっていることがよくあります。これはパソコンと印刷とでは基本となる画素数が異なるためです。ですので、写真の解像度をきちんと調整さえすればこの問題は解決します。Adobe社のphotoshopなどのグラフィックソフトで調整します。おおよその目安は実寸サイズで300pxあればきれいにプリントされます。

グラフィックについてのこと 

グラフィックとは、絵、図、図形、出版、広告、映像、写実的な絵などの意味を持つ単語のことをいいます。グラフィックを学ぶには、専門の本を買って独学で勉強したり、その専門学校に入学して専門の講師の先生に教えてもらったりする方法があります。この方法でデザインされたものを紙などに印刷したい場合は、印刷会社などに制作したデータを納品して紙などにプリントしてもらうことをおすすめします。そうした仕事を請け負っている会社を探すには、インターネットなどで検索してみつける方法があります。会社によって多少違いがあるので、よく考えて決めることが大切です。

ざらっとした感じ

© Copyright グラフィック印刷について. All rights reserved.